一福<IPPUKU>

By IPPUKU

平成のこと
出逢いは 東京戸越六丁目
俺音(enne)で活躍中だった 『俺音まのか』 と 一福ヴァイオリン担当の『サマサ』
そこに 四国さぬきの崖っぷち トレーラーハウス移住在住 
『梶本ヤスノブ』(CAMDEN YELLOW MARKETS) が
今や伝説のイベント さぬき市テアトロン開催『PMP』にて 奇跡の合体融合
日本のロックバンド『一福<IPPIKU>』2018年10月 結成 活動開始

2019年春
東京新橋 Dining Bar TAO オーナーより
「お客様に曲をプレゼントしたい それも 『唐揚げ』の曲を」
そんな 無茶振りオファーに 俺音まのか が 見事に応えた
『今日を生きのびた奴らと唐揚げと乾杯』を含む 渾身の全4曲
一福 デビューミニアルバム 『one love one happy IPPUKU』 5月6日 発表

そして 時代かわって 今 令和 の時
『感じるままに お心のままに』
ひとつの愛 ひとつの福 
ONE LOVE ONE HAPPY IPPUKU

一福 <IPPUKU>
one love one happy IPPUKU
(TAO-0001)

1.知ってるつもり
2.今日を生きのびた奴らと唐揚げと乾杯
3.IPPUKUのテーマ
4.吹かれる風に

¥1000 (税別)

CDご購入フォーム

<CDご購入フォーム>
購入方等 追ってメールさせていただきます。
======================